当社は「スッキリ型、丈夫で長持ち」をモットーにしております!是非、ご自身の目でお確かめください。

宇佐市民憲章碑建立
平成23年の10月末に宇佐市の市民憲章碑が出来上がりました。公共事業の仕事のため条件がかなり限定されていました。宇佐産の石と限定されており、サイズも決められていたのでそれに見合う石がなかなか見つからず、でも納期中に建てなければいけないというプレッシャーもありました。やっと「これならば!!」という石が見つかり工場で加工に入ることができました。細部にわたり色々と難しい場面もありましたが、我が社の誇る職人によりそれらの難問をクリアして建てあげることができました。宇佐市役所玄関前に宇佐市民の顔とも言えるこの市民憲章碑を建てれたことを誇りに思います。
宇佐市民憲章碑建立

碑は市役所本庁舎の他、安心院支社そば(中央公民館前)、院内支所玄関近くの計3カ所に建てました。
本庁舎は縦2.8m、横2.5mの石碑(安山岩製)。
安心院と院内支所は縦70cm、横1.2mの長方形(黒御影石製)。平成23年11月25日・大分合同新聞掲載。

新規 施工実績
中島神社
新規墓
中島神社建立後に有難いことに感謝状を頂きました。

新規H30年3月建立 E様(場所=長洲)
新規墓
1尺5寸の和墓です。
すべて国産の内垣石を使用しています。
施主様が業者選びからこだわりを持って建てられた想いのあるお墓です。
今あるお墓を撤去し、どのお墓より大きくて目立つ豪華なお墓を建てたいという思い
のなかで国産にこだわり信頼できる業者として当社を選んで頂けた事は大変喜ばしい
事ですが、逆に身が締まる思いでした。
何度も打ち合わせを重ね、施主様の希望通りのお墓を建立することが出来ました。
写真を見てもお分かりのように大人の男性が舞台に上がり竿石(佛石)を据えつけて
いますが、二人の伸長をはるかに超す大きさです。
ちなみに左側で作業をしているのが社長ですが、社長の伸長は180cmです。
当初の予定だと去年の6月に建つはずでしたが、壁に使用する1枚石がなかなか山から
採れず施主様も「この際妥協はしたくない!ご先祖様の為にも最高のお墓を建てた
い」と石が出るまで待って頂きました。
社長も何度も石山に足を運び、去年の夏過ぎに「良い石が出たから!!」と連絡を貰
いそのまま現地に石を見に行き、この石なら大丈夫だと確認してそれから工場での残
りの加工作業に入りました。
施主様の希望通り作業工程の全てを写真に収め、お墓の出来上がり後にお渡しをしま
した。
その写真の1部を今回ホームページに載せさせて頂きますので、ご覧下さい。

新規H29年8月建立N様(場所=宇佐市山本)
新規墓

新規H29年8月建立N様(場所=宇佐市山本)
矢印
新規墓

2尺洋墓と8寸玉供養塔

洋墓は舞台から上の仏石は内垣石を使用しています。


それ以外(花立・供物式香炉・灯篭・灯篭の台を含む)は黒流という石を使用してお
ります。


供養塔はすべて黒流で仕上げています。


黒流は中国で採れる石ではありますが、石の質が比較的国産の内垣石に近いためこの
ように組み合わせても調和がとれた仕上がりになります。
ここのお墓は施主様の祖父母様やご先祖様、当時働いておられた使用人の方のお墓な
ど個人墓がかなりあった為にこれらを1つにまとめて供養塔を建立いたしました。

新規墓
新規墓
新規H29年7月建立 M様(場所=長洲)
1尺5寸和洋墓です。
墓石は国産の総内垣石を使用しています。
外柵は入覚(にゅうがく=別名・白川石)という福岡県行橋市という所で採掘される
石を使用しています。今ではこの入覚はもう採れていないのでとても貴重なもので
す。
土間は貼石仕上げとなっており、掃除がし易く草などが生える心配もありません。
このお墓は施主様が生前墓または寿陵墓(じゅりょうはか)として建てられました。
自分たちが入るお墓だからこそこだわる必要があるし、そうして後世に受け継がれて
いくお墓を建てさせて頂けたことに感謝です。


新規墓
新規墓
新規H29年7月建立 Ⅰ様(場所=宇佐市森山)

1尺墓角4段蓮華付き


新規墓
新規墓
H29年6月G様(場所=和間)
1尺墓角四段蓮華付き和墓です。 墓石は外柵から灯篭すべて国産の内垣石を使用しています。 文字と家紋を金箔仕上げにすることにより豪華で美しい仕上がりとなっております。

新規墓
新規墓
H29年4月荒木様(場所=長洲)
2尺洋墓です。 横幅も広く納骨堂はスラブ式で一枚石のため、広々とした作りになっています。

新規墓
新規墓
H29年2月U様(場所=宮熊)
1尺5寸和洋墓です。

新規鳥居
新規鳥居
H28年12月 生目神社(場所=真玉臼野)
以前は木の鳥居があったのですがそれが腐食して壊れかけていたので今回白御影の鳥 居(7尺)を新設させて頂きました。

新規鳥居
新規鳥居
平成28年11月建立(場所=安心院龍王)
施主様たっての希望でここの神社に鳥居を奉納したいとの事で
お話を頂きたいました。
施主様のご先祖様の代よりここの神社には関わりがあり、そうしたお話を
聞く中で施主様の想いを形に出来る物=鳥居を建立させて頂けた事を大変嬉しく思います。
施主様のとても喜んでおられたお顔が忘れられません。

新規墓
新規墓
H28年8月建立(場所=四日市)
1尺9寸洋墓です。 施主様より古いお墓を撤去して新規で依頼を受けました。 その際階段も新しくやり直し、手すりを付けて安全で登り易くなりました。

新規墓
新規墓
H28年7月建立(場所=長洲)
1尺墓角四段蓮華付き和墓です。

新規墓
新規墓
平成28年6月建立(場所=中津の蠣瀬)
1尺1寸角5段蓮華付き和墓です。
墓石・丸灯篭・花台・供物式香炉・水子地蔵、すべて国産の総内垣です。
このように全部国産の内垣石を使用出来るのも、弊社が石山から原石を
買い付けて、それを自社加工出来る工場を持っているからです。
工事中にお参りに来てた方がこのお墓を見て、石の美しさに驚いておられました。
舞台は貼合わせではない、一枚石を使用しています。
基礎はもちろん、納骨堂がしっかり施工されているからこのような厚みのある
一枚石でも耐えれるお墓を建てる事が出来るのです。

新規墓
新規墓
平成28年5月建立(場所=長洲)
1尺7寸の和洋墓です。
墓石(舞台から上)は国産の内垣石を使用しています。
弊社では主に墓石部分の石は内垣石の1級を使います。
内垣石は吸水率が格段に低く、硬く強い石質は丹念に磨き上げた
表面のツヤを長く維持します。
また美しさの点でも落ち着いた濃紺の色合いと粒の細かな石肌は
供養の風景に溶け込みます。
その中でも最高級の1級を建立させて頂いております。
前納骨式で納骨し易い作りになっており、施主様も大変喜んでおられました。

新規墓
新規墓
平成28年5月建立(場所=長洲)
1尺4寸角5段蓮華付き和墓です。
お墓はすべて国産の総内垣です。
敷地が広いため外柵を設け、土間は貼石で仕上げています。
舞台周りには手すりを設け、外柵とのバランスも考慮した仕上がりになっています。
先祖代々受け継がれていくお墓を建立させて頂くことで、御一統様の安泰と益々の繁栄に
少しでも関われた事を心より嬉しく思います。

大分県 H様
大分県 H様 
平成28年3月建立(場所=長洲)
依頼者様が小柄な方で「背の低い私でも、このお墓ならお掃除する時に穂石に届くからこの形のお墓にして本当に良かった」と言って喜んで下さいました。
昔から故人の方を存じ上げており、その方を偲ぶように丸みを持たせた洋墓のデザインに する事で、優しい印象を与えるお墓となりました。

新規鳥居
新規鳥居①
平成28年2月に岡田社の鳥居を建立させて
頂きました。
※場所=国東市国見町野田/平成28年2月建立